ニキビができるメカニズムと予防方法

思春期にはほぼすべての人が経験しているだろう「ニキビ」。悩んだ人も同じぐらいいるでしょう。
この吹き出物がどうやってできているのかご存知でしょうか。
胸や背中、顔などの皮脂分泌が脂性になり毛穴が詰まったのがニキビです。ではなぜ分泌が多くなったり、毛穴が詰まったりするのでしょう?
前者は成長ホルモンや男性ホルモン、黄体ホルモン、ストレスの影響で分泌が過多になります。ストレス以外の要因は思春期から分泌が始まります。
成長ホルモンはTゾーン、男性ホルモンは皮脂分泌に加えて皮膚の角化を促し、黄体ホルモンはニキビの悪化、ストレスは皮脂の分泌を促します。
また、思春期の期間中である学生時代は色々なストレスがあります。それ故に思春期ではニキビができやすくなるのです。
もう一方の毛穴のつまりはなぜできるのでしょうか?
新陳代謝の低下やホルモンの影響で皮膚が硬化し古い角質が皮膚から出ていかず毛穴にフタをしてしまうことで毛穴をつまるのです。
思春期をすぎて、大人になってもニキビに悩まされている人が多いのではないでしょうか?防ぐ方法はあるのでしょうか?
ニキビをできなくする方法は簡単に説明すると多く分泌された油脂を取り除き、毛穴を詰まらせないことです。
洗顔が有効ですが、オイル成分のあるクレンジング剤を使わない、何度も顔を洗ってしまい顔を荒れてしまうはめになってしまうなど注意が必要です。
また、洗顔後保湿することが有効です。

背中にできたニキビは石鹸で治す

Leave a Reply